FX投資には余裕をもって投資額を決めよう。

FXは空いた時間を利用して少ない資金から取引を開始することができることから、運転資金のすくない主婦やあまり時間のないサラリーマンなどを中心に今広まりつつある投資方法です。

そしてニュースで見た4億円脱税した専業主婦...少ない資金で簡単に大きく稼げると思っている方も多いかと思います。
しかし実際大きく儲けている人なんて一握りです。

大きく儲けている人でも勝ち続けている人はいません。
うまく損失を抑えて稼いでいるのです。
そして元々の資金が多い人ほど、余裕をもった運用が出来るのです。
主婦にはそんなに大きな資金はありません。

生活費を削るような投資の仕方だけは絶対に避けてください。
「このお金が全部なくなっても、生活には影響ないわ」という程度の金額を投資するようにしてください。

生活のためにFXをするとなると「負けた分取り戻さなきゃ」と気持ちが焦り、冷静に客観的に判断を下すことができなくなってしまいます。
ここでロスカットしないと大きな損失がでてしまうと言うときに、ロスカットできないようではFXをやるのは危険です。
FXにはかならずリスクがあります。

そのリスクは万人に同じようにあると思ってください。
とくに主婦のかたは、まずリスク管理の方法を勉強してからFXを始めてください。
そして、毎月投資にかけれる金額を決めてそれ以上は使わない、含み損がこのラインに来たら無条件にロスカットするというルールを作ってください。

FX投資に大事なことは無理のない運用

売りについてもある程度のラインで自動的に売るように設定してください。
「もう少し」や「あともうちょっと」はなしです。
まずデモトレードで最低一ヶ月みっちり練習して、実際の為替の変動の感覚を掴んでから始めてください。

そして本番の取引に望む際には、小さい金額でレバレッジ1倍での取引を続けて、細かい利益をコツコツ積み上げて行くのが一番の利益が残る方法だと思います。
FXに必勝法はありません。

余裕の資金で、自分の中でしっかりしたルール決めをしその範囲内で取引することを自分に強く言い聞かせてください。
専業主婦であれば収入がないということです。
すぐに入金できるお金はないと思います。
客観的でいられるためにも、無理のない運用をおこなってください。

>>ランキング業者のスペック比較表はこちらから

_